武富士の破綻で、消費者金融全盛期終演か

武富士の破綻で、消費者金融全盛期終演か

グレーゾーン金利が認められなくなったことで、過払い請求の嵐に見回られていた武富士。

とうとう、過払い分を支払うことができなくなって、破綻しました。

いい迷惑なのは、まだ過払い分の返金を分割などの約束で支払ってもらっていない、人たち。

今まであくどく、法外な金利で支払わせていたもののつけが今頃まわってきて、ざまあみろといった感じではありますが・・・

損をするのは、消費者で、経営者達はもう十分稼いだ訳です。できれば、この経営者達の私財にもメスを入れて欲しいところです。

総量規制もあいまって、多くの消費者金融がつぶれていくでしょう。

これまで多重債務に追い込み、たくさんの人の家族を苦しめ、時に自殺にも追いやったその罪は必ずしっぺ返しとなるでしょう。

あとはまともな業者しか生き残れないと思います。

 

と書いたのはずいぶん昔の事となりました。

 

そのご武富士は韓国企業に買い取られ、その語また別の日本企業に買い取られ・・・

 

結局消えてしまう運命になったようです。

 

消費者金融が総量規制で淘汰された後、銀行のカードローンが全盛を誇りましたが・・・

 

今度は、審査貸出しの甘さで、膨大な貸出残高になり、法的に総量規制がかからないことにどんど融資した結果、また破綻者が増えることになりました。

 

そのことで非難された銀行が自主規制を始めて、銀行カード炉辺の審査も厳しくなってきました。

 

ゼロ金利で儲けるところがあまりなかった銀行としては機微いくなるのかもしれません。

 

お金ょ借りたいけれど審査に通らない人は、結局闇金に流れるのでしょうか・・・

 

どんなに規制してもお金を借りないとやっていけない人もいるので、何とをどこまで規制するのかは難しいところですね。